今回は2月に購入して少しずつ手を入れてきたバスボートのDIYについてご紹介。
 
 
 
 
 
 
{C1892731-D5E7-40E7-AC66-DA2C7EE7999B}

 
購入したのは2003年式のレンジャーR71
 
 
 
 
 
 
 
17ftというバスボート入門にはちょうど良いサイズと価格帯でした。
 
 
 
 
 
バスボートのメリットデメリットをお手軽に味わえるボート、だと思われます。
 
 
 
 
 
 
エンジンは2ストローク125馬力のキャブレターでアワーは250hと年式の割には少なめ
 
 
 
 
 
それにパワーポールがダブルでついていてHDS touchが前後に一台と振動子・アンテナ一式という感じの装備で購入しました。
 
 
 
 
 
 
 
そこから最初の作業としてまずはエレキの載せ替えから。
 
 
 
 
 
 
とりあえずオフセットトレーを外して配線を…
 
 
 
 
 
 
{54E90E98-0A0E-418C-9D64-8BC41A2E6A6D}
 
 
 
 
 
と、試みたのですが残念ながらココに配線は来ていませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
無駄に外してしまった感は否めないですが、とりあえず切り口をコーキングしてから再び取り付けておきました。
 
 
 
 
 
 
 
そして次にバウのボードを開いてみるとコチラが正解
 
 
 
{4E554F12-FA70-41E7-BDA7-F8E61BF1467A}

 
繋がっていた配線を外し、ついていたフォルトレックス80はジャビル400へ移植しました。
 
 
 
 
 
 
 
ここで話しは少し逸れますが、ジャビルのエレキ載せ換えとバウデッキの補強についても写真でご紹介。
 
 
 
 
 
{5DB3012B-3C2C-4D39-9863-E27154F182C8}
 
 
 
{D963F88B-1DB5-413C-841D-487E63449261}
 
 
 
{0FF40B83-F288-430E-B555-48C1C029D95C}
 
 
 
 
{4D0C8254-FCAE-49E3-9E98-1858901B66E8}

 
 
 
 
{E9CFEDBA-C7A8-469F-A790-7C8D5E43407A}

 
 
 
バウデッキの補強作業はクイントレックスE13に引き続いて今年2回目でしたので割とスムーズに進みました。
 
 
 
 
 
そして再びレンジャーの話へ戻します。
 
 
 
 
 
 
レンジャーの方は新品購入したフォルトレックス112lbへ載せ替え。
 
 
 
 
 
 
 
ウルトレックスとも悩みましたがワイヤーが切れやすい等のトラブルが出始めているみたい…
 
 
 
 
 
 
価格も加味した結果とりあえず様子見という事で採用を見送りました。
 
 
 
 
 
 
今後は少しずつ改良されていくと思われます。
 
 
 
 
 
 
 
こちらはバウンスバスターの加工取付
 
 
 
 
 
{26BEF63A-6A95-4296-B4B4-AAE2746CCB46}
 
 
 
任意の長さにカットする必要があります。
 
 
 
 
 
 
上方向にアソビがあるので完全なロックは出来ませんが、船体に穴を空ける必要があるのでこの度はトロールロックの採用を見送りました。
 
 
 
{17B1217B-80C2-45F4-B208-7612846BF870}
 
 
 
 

エレキ取付は難なく完了。

 
 
 
 
 
 
次はバッテリーが1発増えるという問題を解決していきます。
 
 
 
 
手はじめにバッテリーの位置を変えながらボートを走らせて設置場所を検討。
 
 
 
 
 
 
その後リアストレージにバッテリー置くことに決めたのでバッテリーラックの取付とスペースの確保に入ります。
 
 
 
 
 
{98D6D529-2BFD-46F8-876D-5E067ED7EC87}

 
両端にバッテリーラックが1発と2発、センターにパワーポールの主電源と油圧ポンプ、そして燃料フィルターが存在しているというレイアウトがデフォルト。
 
 
 
 
 
 
ここから各種レイアウトを変更(燃料フィルターはステーで移動)してバッテリーラックのスペースを確保しました。
 
 
 
 
{CB1CF73B-8647-481E-860D-84D630D5920D}

 
 
レンジャーは17ftでもリアストレージが広くて助かります。
 
 
 
 
 
 
 
そしてオンボードチャージャーの取付
 
 
 
 
{82E8D618-D0F6-48D8-A9A8-184A0D043F04}

 
 
本体の設置場所はハッチを閉めたまま充電出来るようにコンソールの下に決めました。
 
 
 
 
 
 
 
そこから2sqの6芯ケーブルに配線をまとめてアクセルワイヤーに沿うようにリアストレージまで配線。
 
 
 
 
 
 
配線を通すときにエレキペダルのワイヤーを使ったところスムーズに作業が進みました。
 
 
 
 
 
{5D3DCBDB-605E-4E24-94FC-F83EC68CF04E}

 
 
 
FRPで手が切れる事があるので作業する際は要注意ですね。
 
 
 
 
 
 
最後にトレイル中の安全確保ということでLEDテープを取付けて全ての作業が完了。
 
 
 
 
{4AC9B378-9F1A-45D2-BE87-4BACB2A02F55}

 
 
過去に何度かLEDテープの施工をしてきましたが、今回は純正テープから3M社の超強力両面テープへ変更してみました
 
 
 
 
 
 
かなり強力そうでしたので1〜2年は大丈夫だと思われます。
 
 
 
 
 
 
 
以上、長々と書きましたが素人によるバスボートDIYでした。