2日目はゼロ申告となってしまい総合成績は13位で第1戦が終了しました。

SNSでのメッセージやコメント等、沢山のご声援ありがとうございました。

非常に悔しい結果ですがおかげ様で選手権の権利を獲得し、高いモチベーションで三瀬谷戦を迎える事が出来そうです。

今年のマスターズ開幕戦は昨年より1週間遅い日程での開催でしたが大会数日前には想定外の積雪。

公式プラクティスの直前までは昨年同様に厳しい状況を予想していましたが多くの選手がウエインする大会となりました。

JB/NBC

しかし多く、といっても単日のウエイン率は12〜15%でしたので少し感覚がおかしくなっているのかもしれませんね。

プリプラクティスでは魚を触る事は出来ませんでしたが公式プラクティスでは2発で4キロ超えの感触でした。

SNSの情報からも明らかに去年より全体的に釣れている気配はありました。

そして試合当日は2日間同じスポットをやり切る展開。

初日の帰着1時間前に貴重な1尾を手にすることが出来ました。

公式プラクティスでも12:30〜13:00の間でエリアを変えて立て続けにヒットしましたので当日は朝から6時間ノーバイトの中でも確信を持ってやり切りました。

ただ、キャッチしてから帰着までの一番ホットな時間帯にまともな精神状態で釣りが出来なかったところは反省点です。

仮にも追加出来れば大きくスコアを伸ばせていますのでまだまだ未熟なのだと痛感させられました。

数週間後には三瀬谷ダムで第2戦が開催されますのでしっかりと準備してスコアアップを狙いたいと思います。

タックルデータ

・ストラーダレッド61SUL

・12ヴァンキッシュ 2000S

・ABSOLUTE 2.5lb

・ポークダウンショット1/16oz

写真 JB/NBC