ブログアップ遅くなりました。
 
 
 
 
 
 
福山SAで力尽きてしまったので、そのままボートとバッテリーを置いて仕事➡︎終わって爆睡コース
 
 
 
 
 
 
 
マスターズは会社員とってかなりハードスケジュールかも
 
 
 
 
 
 
 
しかし皆様のご声援もありましてお陰さまで、今回の試合ではなんとか年間参戦のモチベーションを維持する事が出来ました
 
 
 
 
 
 
年間4位までは射程圏内、とりあえずひと安心です
 
 
 
 
 
 
 
たくさんのSNSへのコメント&メッセージありがとうございました
 
 
 
 
 
 
 
 
さてマスターズ第2戦を振り返ってみますが、
 
 
 
 
 
 
 
今回も二日間のウエインが27/127名とプラの感触通りかなり厳しい試合となりました。
 
 
 
 
 
 
 
100名が両日ともノーフィッシュという訳ですが、これでも初戦の河口湖より3倍釣れてます
 
 
 
 
 
 
マスターズカテゴリーはホントに難しい…
 
 
 
 
 
 
 
毎回ココロ折れそうになります
 
 
 
 
 
 
 
なんとしてでもウエインして次戦以降のモチベーションを維持する、今戦はそれが全てでした。
 
 
 
 
 
 
 
リザーバーのエレキ戦というマスターズ全4戦で最も自分に可能性があるフィールド、
 
 
 
 
 
 
トレイル費も考えるとここでハズしたら今年一年は諦めると決めていた天王山でした。
 
 
 
 
 
 
 
そんな背景の中、プラから導き出した選択肢は二つ
 
 
 
 
 
 
ひとつは魚影の濃い下流エリアの船団をやり切ること
 
 
 
 
 
 
 
もうひとつは上流〜中流のエリアで自分の魚を取りに行くこと
 
 
 
 
 
 
 
かなり悩む選択ではありましたが、結果的に前日プラでの手応えと40番台という早いフライトから下流エリアの大場所に向かう事にしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
{929F48CB-FADF-40D8-AB17-E6B0FE9D2D18}
 
 
 
 
 
手前から3艇目、オレンジの服に黒のボートが僕です。
 
 
 
 
 
 
 
フライト後は20艇近く抜かして目的地に一番乗り、予想したほどの数ではありませんでしたがやはり船団になりました。
 
 
 
 
 
{52228869-3CF1-43FC-A8A8-C41BC7B305E8}
 
 
 
 
 
全ての選手がエレキ戦に特化した装備ではないので(1/3以上はエンジン付きか一機掛け)、ボートのアドバンテージはかなり大きかったです。
 
 
 
 
 
ちなみにこのエリアの地形とボートポジションはこんな感じ↓
 
 
 
{C942D160-A2EB-423D-956E-82252E15F63E}

 
初日はこのスポットで昼まで粘り、なんとか一本キャッチする事が出来ました
 
 
 
 
 
結果的にこのスポットはアタリだったようで隣の選手が3本、反対隣の選手が1本、そして僕が1本といった釣果でした。
 
 
 
 
 
 
残り2時間を切ったところでバイトもなくなったことから、下流〜中流をひと通り様子見してこの日は終了となりました。
 
 
 
 
 
 
 
両隣りで釣っていた2選手とはしばらくして中流ですれ違ったのでやはり考える事は同じ、
 
 
 
 
 
 
 
 
行けなかった上流は気になりましたが明日は最後までやり切る事にしました。
 
 
 
 
 
{0D050777-6480-49D5-A1CB-A6485619DF95}
 
 
 
 
3バイト1フィッシュの934gウエインで初日6位からのスタートとなりました。
 
 
 
 
 
 
 
そして2日目
 
 
 
 
 
 
この日もフライトがよく30番台のスタートで、前日のエリアに2番目に入る事が出来ました。
 
 
 
 
 
 
 
しかし、順番的に少しエリアがズレていたのはありますが、この日は全く反応がなく誰もヒットせずに沈黙が続きました。
 
 
 
 
 
 
 
結果的にこのスポットで最後までやり切りましたが1バイトのみ、船団全体でも隣から4番目の選手が1本釣っただけでした。
 
 
 
 
 
 
やり切ったので悔いはありませんが、1匹がこれほど遠く感じたのは初めてだと思います。
 
 
 
 
 
 
 
500g以上をウエインすれば優勝が待っていた訳ですが、数字以上にホントに遠く感じます。
 
 
 
 
 
 
 
そんな感じで優勝はおろか賞金もお預けの12位という結果で第2戦が幕を閉じました。
 
 
 
 
 
明らかに実力差が目に見えるので仕方の無いことですが、残り2戦でなんとか一矢報いたいと思います。
 
 
 
 
 
 
あと、生野銀山湖に今年も挑戦出来るようになったので、そちらは今年こそ入賞したい
 
 
 
 
 
 
 
いろいろ課題は多いですが、悔いのないように頑張ります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タックル
 
・ストラーダレッドS63L-ML ST(キラーヒート)
・ヴァンキッシュ 2500S(シマノ)
・アブソルートAAA  4lb(バリバス)
・エコカットテール(ゲーリーヤマモト)
   +3/64oz ネコリグ