10月に嫁ぎ先が決まったレンジャーR71。
先日無事に納艇が終わったのですが、その前に次のオーナーさんの依頼を受けて魚探の取付けをしました。
{7C3D0CDA-2429-4A77-B714-68E6FB087504}

 

今回取付たのは初めてお目にかかるGARMINのGPSMAPシリーズ。

echoMAP CHIRPシリーズに関しては何度か使わせてもらった経緯があるのですが、GPSMAPシリーズは情報のみだったので非常に良い機会でした。
ということでまずは自分のLOWRANCEシステムを取り外してGARMINシステムの構築からはじめました。
{3BBC71A7-2F39-49C1-875D-20D1D12D20FF}

 

はじめからすんなり終わるとは思っていませんでしたが、予想通り1日仕事となりました。
作業内容としてはLOWRANCEの配線を取り外す時に船外機のステアリングワイヤーを通してからGARMINの配線を誘導するという作業の繰り返し…
{1B87CCCC-F1DB-4E13-B7E4-13338B99D0F9}

 

かなり単純な作業なのですが抜く時も通す時も毎回詰まるので作業が全く進みません。
入口まで戻したり出口から引っ張ってみたり中間地点を解放してつついたりそれを繰り返してみたり…
言うまでもなく任されたくない作業殿堂入りです。
{B2596ACD-9F89-4E37-AAF6-A484F57A8801}
右はGARMINのイーサネットケーブル(画面を共有する配線)なのですがLOWRANCEと比べて大きいので難易度は高めです。
取付けるためのナットのようなパーツを外してもまぁまぁデカい…
{A2B79E2D-F1EA-444E-A982-E16B4F22BC88}
GARMINのイーサネットの接続端子はPC用で売ってるものとよく似ています。
値段は全く違いますが互換性あったりして…
{AEE71E0B-3B96-4338-ADA8-71575673D974}
通し終えた時の達成感はなんともいえないものがあります。
こんな感じで1つずつ通していきました。
こちらはNMEA2000
{2298E02A-8293-4E9B-B27D-A0BEACC4741E}

 

このケーブルはNational Marine Electronics Associationとかいう協議会で決められた世界共通の規格ですので、デザインは違うもののメーカー問わず基本的には同じもの。
今回良い機会だったので両社の値段を調べてみたのですが、右のGARMIN製の方がかなり安かったです。
カッコ良くてキャップも付いてるし、長さのバリエーションに関しても豊富なので今後はGARMIN製を購入しようかと思います。
{0056E274-7D4F-4198-804F-146C576697AA}
{4C4689C1-1642-4A7A-B292-725441911462}

そんなこんなでついに配線コンプリート。

あとは振動子の取り付けて陸上での動作確認。
{6659DFA5-4B1D-41F5-AC6B-FDC80B2A190A}
GARMINの振動子はコンパクトなので見た目もGOODです。
パーカークランプはホームセンターで買ったステンレス製のホースバンドが安くて耐久性もまずまず
{2FE9BABE-9ABF-4E64-B3D4-B9B3EB463969}
フロントの配線をまとめ終えたところで本体を取り付けてみましたが綺麗に収まって良い感じです。
GARMINのロゴがカッコいいですね。
その数日後、
{E70E3D00-E69A-425B-B764-341941AD9173}

ところ変わって徳島県旧吉野川で水上での動作確認&納艇→進水式

どうでも良いですが山口県民なのに3年連続でこの煙突を見ています…
心配だった動作確認はエンジンやエレキも含めて完動ということでとりあえずひと安心しました。

中古なので気になるところももちろんありましたが覚えている範囲で伝えています。

{E32F872B-7331-41B5-93AB-3EA9B33B725D}
その後オーナーさんが釣りしている間に魚探で少しだけ遊んでみました。
短時間使ってみた感じでインプレしてみると、とにかく動作が速いのが印象的でした。
CPUの性能が高いのは明らかで、HDS carbonやHELIX  G2Nと比較してもかなりクイックに動きます。SOLIX気になる…
あと画面レイアウトのブックマーク機能とキーパットのボリュームは非常に使いやすくて気に入りました。
CHIRPソナーの周波数を任意で変えられる機能も最高ですね。
{2C739C33-F404-4377-B177-23B5C9E79DB7}

例えば200hzだと150.0〜240.0hzまで0.1hz単位で調整出来るので、同じ周波数の振動子を同時使用しても干渉する事はないわけです。

リーフマスターに対応しているのかは不明ですが、それ以外だとオーバーレイの機能がない事を除けばLOWRANCEよりだいたいの面で優れていそうな感じですね。もはやオーバーレイがLOWRANCEの神髄とも言える
サイドの性能はやはりHUMMINBIRDがズバ抜けていて、GARMINの映像はLOWRANCEよりは多少鮮明かなといった程度でした。
PANOPTIX振動子(3Dライブソナー)を体感出来なかったのが唯一残念なところですが、今のところ成績に結びつくような話も聞かないのでとりあえずスルーで良いのかもしれませんね。
ちなみにイーサネットで共有出来て12ピンと8ピン振動子を同時に使えるのはバス向きだとGPSMAPの7400シリーズだけみたいなので、個人的なGARMINでの選択肢はこのモデル一択です。
無事納艇と試運転が完了したあとは、偶然浮いていた友人艇に半日弱ほどお邪魔しました。
{3468B517-7123-40DA-8330-CA1E3CC6E47C}
ボートはSKEETER SX176にOptiMax 150
ちょっと試乗させてもらったのですが軽快で非常に素直な乗り味が印象的でした。
ステアリングを握るのが楽しくなるボートです。
全速ターンとかもっと色々やってみたかったのですが全力で怒られそうなのでやめました。
軽快でありながら安定感も良くて、喫水が浅いのでかなり浅いところまで入っていけました。
もちろんそれは波切りが悪かったり流されやすかったりの裏づけでもありますのでそこはやはり一長一短。
色々なボートを乗り比べた感じだと釣りを重視するなら17ftでもRanger Boatsが良いですね、今のところ。

今回は普段お目にかかれないボートや魚探でたくさん遊んだ上、夜はメンバーを変えて2日間楽しませて頂いたので大変有意義な忘年会&納艇トレイルでした。

旧吉で魚が釣れなかったのが唯一の心残りですが、それはまた来年にとっておく事にします。
って、来年もいくのか⁉︎