ルアーのアクションチェックをするために地元では比較的シャローエリアが広い中山川ダムをセレクトしました。

通年あまり釣れないのですが何気に自宅から30分のところにあるフィールドです。

開幕戦へ向けて買い揃えたプラグと研究中のポークルアーのアクションチェックが主なメニューでした。

ポークルアーの釣れるアクションというのが未だに謎なのですが、試行錯誤を繰り返してデフォルトの状態とは違うアクションが出せるようになりました。

プラグの方はラインの太さを数種類用意してディスタンスと潜行深度の度合いを適当に把握。

各社からリリースされている同じような類のルアーをひと通り買い揃えてチェックしてみました。

そしてテスト中にたまたまバスがヒット

久しぶりに2キロスケールを振り切る良い魚に出逢えました。

コンフィデンスを持てるルアーが増えて気分上々です。

勢いに乗ってそのままポークルアーで釣り込みましたがそれ以降バスからの反応はありませんでした。

良いサイズのフナが釣れたのでそれで良しとする事に…

魚が口使ってくれただけでも個人的には進歩です。

そういえば私と同じボートのモノ好きなオジサンが浮いていました。

果たして釣れたのでしょうか?

私は1匹で納竿となりましたがエレキ2期掛けのデータも取れて良い一日になりました。

こちらのセッティングは三瀬谷戦までに煮詰めたいと思います。