連休中に乗ってやろうという事でバスボートを持ち帰って整備しました。

久しぶりの「今日のギャンブラー209」です。

JBⅡ四国とマスターズの連戦でしたのでようやく乗れるぜといった感じです。

まずは三瀬谷戦で活躍したオンボードチャージャーを取り出す時に破壊したラッチの取り付けから。

新しいラッチの方が大きかったので少々加工しました。

古いタイプのラッチがまだ販売されているのかはわかりませんが今風のタイプに新調。

ホワイトベースの船体ですのでカラーはあまり見かけないホワイトをチョイスしました。

次に油水分離器を取り付け。

レンジャーR71を購入した時が初見だったパーツなのですがかなり効果があった(水分が溜まっていた)のでリピートしてみました。

燃料タンクがほぼ空の状態でしばらく放置していたのでかなり水分が溜まっている事でしょう。

使わない方がかえって悪いとはまさにこの事ですね。

レイアウトは少々悩みましたが今回は簡易的に固定してみました。

まさにDIYといったところでしょうか。

いずれバッテリーラックの更新や魚探の入れ替えを含む配線の引き直しが待っていますのでまた悩むことにします。

エンジンオイルも抜き取って新しく入れ直しました。

その後オイル添加剤を投入。

デフォルトが分からないので効果に関しては不明ですがエンジンの保護性能に期待です。

ひと通り作業が終わったところで燃料を入れてエンジンを試運転しました。

無事一発で始動してくれました。

河口湖、三瀬谷とエンジン載せ換えチャンスを逃してしまったのでまだしばらくお世話になります。

一先ず勝手が悪いので油圧ジャックと油圧ステアリングに変更したいところです。

それからすっかり忘れていたエレキの取り付け。

三瀬谷戦でスペアエレキとして携行していたので危うくエレキ無しで釣行するところでしたね。

船体の切口部分は本日コーキング済みです。

取り付け後、ではなく取り外し前の写真です。

ちょっとした作業は日常的に行っているのですがなかなかブログアップまで辿り着きませんね…

話は変わりますが三瀬谷ダムへプリプラクティスに出発する前のひとコマ。

フットエレキだけでなく万が一に備えてリアエレキのスペアも携行していました。

もちろんスペアプロップやジャンパーケーブルの他にもトレーラーのスペアタイヤをはじめテールランプや三角反射板に車幅灯、ハブベアリングやグリスなんかも常備しています。

幸いにも今のところ使った事はありませんが備え有れば憂いなしという事ですので。