今日は送料交渉の件で地元の先輩に相談してみました。

先輩は同業でありながら年商5億以上の事業規模でやっていて、いつもめちゃくちゃ親切に相談に乗っていただいて助かっています。

このあたりのスキルがある人は基本的に即レスのチャットのみで意思相通が出来るのでめちゃくちゃストレスフリーです。

そういえばここ最近は電話そのものがめっきり減ったような気がします。

基本的に顧客対応はメールのみで行っているので、電話は金融機関やお役所関係、ECの担当者、税理士さんくらいです。

あと、出先で起きた社内のトラブル関係で複雑な案件に関しては電話でいろいろ事情聴取しています。

昨年は流行りの影響もあってZoomなどのリモートのやり取りも多かった印象ですが、今年はめっきり少なくなりました。

これは関わる人間をかなり絞っていることも大きいかなぁと思います。

ブログを8年くらい書いていて感じるのですが、文脈を理解できない人は世の中にかなり多いと思っています。

因果関係をキッチリ把握できている人ってたぶん世の中で5人に1人はいないと思います。

それくらい、文章だけで何かを伝えるというのは難しいことだと考えています。

もはや90%くらいは文脈より自分の感情優先というイメージです。

多くのインフルエンサーが小学生でもわかるような超絶丁寧な前置き(断り)をしたうえで何かを言い切るような投稿をしたとしても、かなり高い確率で文章が読めない人たちによってコメント欄が荒らされていたりします。

学校でも会社でもなんでこんなことを校則(社則)に書いているんだろう?とこれまでずっと思っていましたが、人を何人か雇うようになってその存在の意味がようやく分かるようになりました。

でも逆に、文章から人間性を読み取って誤字脱字に影響されずに伝えたい内容をくみ取ってくれる人というのもいます。

100人に1人もいない気がするけど、たまに出会うといつもすごいスキルだなぁと思ったりします。

経営者が多く集まる環境ではそういったスキルを持っている人も珍しくはないので会話することがかなり楽しかったりします。

私自身、今の時間の優先度はなるべくそういった時間に充てるようにタスクを調整しています。

早いところ胸を張って誇れるような価値提供を出来る会社に成長して、そういった人たちとのコミュニケーションを楽しみたいなぁというのがちょっとした目標だったりします。

楽しい30代を過ごせるように今は無理のない程度にしっかり働きます。

それでは今日はこのあたりで。