Mille Lacs Lakeで開催されていた2016A.O.Yチャンピオンシップ
バスマスターエリートシリーズ最終戦で、年間上位50名のみで行われる試合です。
初日は大森プロが首位スタートということで日本でも話題になっていました。
最終成績は76lb-5ozをウエインしたSeth Feiderが優勝、年間優勝はGerald Swindleという結果に 
普段このブログでは本国ネタを扱うことはとくにしてませんが、アメリカの情報もよくチェックしています。
ちなみに昨年のシルバーウィークは単身渡米し、A.O.Yチャンピオンシップを観戦しました。
せっかくの機会なので少しだけ紹介してみたいと思います。
{08FB2A48-CE00-4664-8D73-DE3A4521C4AE}
昨年度A.O.YはAaron Martens
会場の雰囲気は実際にいってみてはじめて知りました。
{0AE9FA02-8A95-411D-AD2E-2A5168E1FBCE}
この時の会場はスタージョン・ベイ、超広大なミシガン湖がこのときの舞台でした。
{A8A6BCA9-3FF2-4F09-920D-1A325EFBA3FA}
さすがは本場とあって、シリーズ戦でもかなりの盛り上がりです
{54FBFDEE-C491-4BE1-93C7-1B553E361570}

バスボートの試乗会なんかも併催されてました。

羨ましい…
ボートやエンジンメーカー以外にも会場にはボート用品、釣り具、アパレル、冠であるTOYOTAのトラックなど、様々なメーカーからブース設営されていました。
{97971DA9-B164-46C4-BACB-F78D37D296E9}
こちらはパワーポールの展示。
ちなみにA.O.Yチャンピオンシップは予選はなく全選手が3日間を戦います。
3日目の土曜日には試合がなく、ファンサービスデイでサポート選手が各ブースにてセミナーやサイン会等を行っていました。
{12D29DDF-A90B-49BD-AE28-66F8FC97F55C}
ウエイン会場の裏側
イケスとともに選手が並んでいるようです。

 

{39F41086-23F9-4C69-9948-704C81187C29}
帰着中の1枚、迫力ありますね。
せっかくなので動画の方も
ギャラリーの多さもさすが本場です。。
{238E4DF2-BEDA-46A0-AC40-DDD78C1934FE}
そして帰着後の1枚
帝王KVDのボート、奥がDean Rojas艇、その奥がBrandon Palaniuk艇
カッコイイ。。
ちなみに日本からの会場へのルートですが、
成田からイリノイ州のシカゴで乗り継いでウィスコンシン州のグリーン・ベイまで行きました。
そしてそこからはレンタカーを借りて会場のスタージョン・ベイへ
{D0496355-4E2D-442B-96F2-038D7C64464B}
この時の相棒
乗り心地もよくてなかなか良い車でした。
普段からアメ車なのでウィンカーとワイパーは間違えませんでしたw
{63DD1443-2CD5-4762-9DC3-510459128A27}
もちろん右側車線、果てしなくまっすぐです
グリーン・ベイからスタージョン・ベイまでは高速で1時間ちょい、もちろんフリーウェイなので無料です。
{5E768882-F501-4555-A6C0-AE1FBE006F21}
行ってみたかったバスプロショップスは近くにありませんでしたが、カベラスがあったので行ってみました。
この後、カベラスはバスプロショップスの傘下に…
噂には聞いていましたが、やはり大きさや品物の多さにはビックリ。
しかも本国価格は安い。。
ということで、ボート用品を色々買って帰りました。
ただ、帰国したときの手荷物検査は相当面倒くさいので注意です。
{0E910E58-4B25-47DE-B526-866854028512}
そしてこちらも行ってみたかった世界最大のスーパーマーケットチェーンであるウォルマート
スーパーマーケットではありますがけっこうなんでも売っていて、日本ではトライアルが近いかな?
食材以外にも家電や薬なんかから銃まで、とにかくなんでも売っています。
量は少ないですが釣り具も当然のように売っていて、エレキのペラなんかも置いてあります。
{207D4302-42DA-4B85-BF75-A63CDA84E08F}

帰りの飛行機からの写真

{7845C61B-3DA1-468C-A055-53799216612E}

 

やはりアメリカ、日本では見ることの出来ない景色でした。
アメリカに興味がある方、一度に行ってみるだけで釣りは出来なくてもずいぶん楽しめるかと思います。
また機会があれば紹介したいと思います。