{8B92A7A8-52B2-4237-9181-B1FDD090C69A}

 

ビッグスプーンってどうやって使うの?
と、聞かれることが以前より多々ありまして、
つい先日の釣行後にも質問がありました。

 

 

 

 

答えとしてはシンプルで
「落としてリフト&フォール」
としか、答えられないのでそのように答えますw
わざわざブログでそう答えるとさすがにアレなんで
今回は個人的な入門基礎を紹介します
{8BB17A72-A10E-4050-8659-A304E8BD09B8}

 

★タックル
まずはタックル、僕はマネをする事からスタートしましたのでとりあえず釣りたいという方は参考にしてみてください。
私の場合は色々使ってみましたがビッグスプーン=ダイラッカで固定して解説します。
・ロッド
Hクラスの7ft前後のものがオススメです。
ガチガチのジグロッドよりも、Hクラスでもよく曲がるタイプのロッドがしっかり乗せられて粘りもあるのでベターです。
私はストラーダゴールドのKS-C611HXを愛用しています
・リール
リールはハイギア以上でフロロ20lbがしっかり巻けて高剛性なものがオススメです。
私は普段より両巻きで使い分けるのですが、ビッグスプーンゲームは右ハンドルをチョイスします。
理由はとにかくファイト中のラインテンションが抜けることを防ぐために巻きまくるからでして、疲れたり器用にシャクリたいときは右手に持ち替えてアクションを加えることも多々あります。
私はジリオン100SHを使っています。
・ライン
ルアーはダイラッカ、ラインはフロロ20lb固定です。
フロロ20lbにする理由は単純で、ルアーのスライド幅や扱いやすさといったバランスが良いということです。
まぁこのあたりは個人差等あると思いますので、入手しやすい一番太いライン(=伸びが少ない)ということで…
ちなみに伸びでいえばPEも選択肢にあるのですが、同時に2人で釣りした際にフロロ20lbを使っていた僕が4vs0で釣り勝ったので却下しましたw
状況や個人差もあるかと思いますが、とりあえずラインの水切音ということにしておきました。
・ルアー
ダイラッカにサイズ違いはないので選ぶのはカラーのみです。
こちらはお好みで構いませんが、基本はゴールドとシルバーを1つずつ持っておくと良いでしょう
といってもたくさんありますので、ここは素直にプロガイドセレクトの足立さんカラーから選ぶと間違いないかと思います。
ちなみにブラックギルは試しに買ってみましたが今のところ全く釣れません、そして白は買ってませんw
{DD62E609-CF12-4636-8C8D-52AAAAFF7023}
 ノリーズHPより引用
★アプローチ
アプローチは魚探に反応のあるスポットにシューティング、もしくはカバーや食わせのポイントの真上に着水で構いません。
ダイラッカの場合はかなりスライドするので狙い通りに落ちませんが、アピール力はかなり高いのでだいたいのスポットでよいと思います。
自信のあるストレッチを流したい場合は、近くても15〜20mほど着水点をズラして流すのが個人的に流しやすい間隔です。
★ファーストフォール
フィーディングっぽい反応が出てる場合はかなりバイトが出やすいので集中です!
ラインは手で引き出しても、クラッチを切ってフリーでルアーに出してもらってもどちらでも良いと思います。
そして、フォール中に違和感があれば一度スラッグを巻き取って全力でアワセる
20lbのラインが伸びる感じ、そしてボートが反動で近づいていく感じが味わえれば最高ですw
フォール時の注意点としては無意味に着底させないことです。
着底させると最悪の場合スタックしてタイミングを潰す可能性がありますので要注意です。
ダイラッカをフロロ20lbで使用すると、約60cm/秒のスピードでフォールしますのでこれがだいたいの目安です。
20lb固定の意味はここにあります
※カレントやスライド具合によって変わりますのであくまでも参考程度にお願いします。
★ロッドワーク
基本はハンドルを途中で巻かずに2〜3回リフトさせて、発生したスラッグ分をフリーフォールします。
これを多くても5〜6サイクルで回収するのが基本です。
フラットエリアであれば発生したスラッグをすべて送り込んでしまうと着底→最悪根掛り、となりますので注意が必要です。
リフトのストロークとフォール時間の相関に関しては安全な場所で一度確認して、勝負時には着底させないように心掛けると良いかと思います。

★出しどころ

コレは凄く難しいので数日投げ倒して見つけてください、といいたいところですが
ルアーにスピードがあって進行方向に統一性がないので、活性が高いバスはいち早く気づいて反応しているような気がします。
フラッシングの強さとサイズ感からもかなり強い部類のルアーであることは間違いないかと…
フィーディングっぽい映像が映ったらとりあえず落としてみる価値ありです。
{0E6D6066-8FAE-4F41-A93C-B7AE4284DA5B}
↑はダイラッカで釣れたあとに魚探を巻き戻して停止したものです。
帯状の映り方よりも、ボール状だったり高さのある映り方+バスの映像が最高です
オカルト的なイメージの話だと、ベイトを待ち伏せているような状況のバスにもスイッチを入れる事が出来るような気がします。
そして、
そのようなイメージでカバーを狙うなら、ダイラッカのフォールの不確定さとアピール力からも大きなカバーほど他のルアーより効果的だと思っています。
カバーの規模が小さければライトリグやメタルバイブ、ジギングスプーン等で高精度に狙った方がクレバーですね
以上、ダイラッカ入門編でした。
続編はありませんw
ある程度慣れてくると、ベイトがその時映っていない中層でもバイトが得られるようになると思います