今日明日はJB九州開催につき、開幕戦の練習禁止日でした。

明日前入りして月曜日から3日間の練習予定としています。

そんなわけで今日は1年ぶりに車の整理をしていました。

この一年間は仕事で完全に運搬車となっていたので、久しぶりに釣り具や備品の整理をしてトーナメントトレイルの準備をしていました。

一年間の休みのおかげで頭の中がかなりスッキリしたおかげか、車やボートに積み込む荷物も半分くらいに減った気がします。

とくに万が一に備えていろいろ積み込みまくる習慣があったので、下記の4項目に分類して準備するように決めました。

 

①絶対に必要で、替えがきかないもの。

②絶対に必要で、現地調達が可能か代用品でも何とかなるもの。

③必ずしも必要ではないが、その場で即必要な緊急性の高いもの。

④必ずしも必要ではないが、あると便利だけど緊急性の低いもの。

 

①は絶対に忘れてはいけないものです。

免許証(運転/船舶)、今年のゼッケンのついたユニフォーム、今年のエンジンベルト。

使用者が決まっていて現地調達不可能な準備物はこのあたりですかね。

案外少ないな、と思いました。

 

②は基本的に事前に準備して持っていくものです。

車(車検証)、ボート(船検証、車検証、保険証)、携帯電話、釣り具一式、ボートの備品、雨具防寒着他服装一式。

そのほかにもいくつかありそうですが、とりあえずそんなところで。

最悪現地で購入可能ですが、基本的には事前に準備して持ち込むものです。

 

③万が一必要になったときにその場で即必要なものです。

工具一式、プロペラ(特に船外機)、救命胴衣の替えボンベ、予備バッテリー、スペアキー。

厳選するとこのあたりかな。

本音を言うと車やボートの予備は欲しいしけど現実的ではないですね。

細かいことを言えばエレキや船外機の部品はもちろんエレキ本体くらいまでは現実的かな?

電材などが少しあると移動中の灯火類の対応もできて二次被害を防ぐことが出来ます。

 

④万が一必要になったときにあると便利なものです。

問題はここです。

これまでここの準備物がかなりのウエイトを占めていたんですが、今年からは④に該当するものは物量を制限することにします。

特に釣り具に関しては万が一に備えるとキリがないので、試合中に持ち込むボックス2つに収まらないものは現地調達で補填したと思います。

釣り竿やリールに関しても汎用性の高いものだけ持ち込んで、最悪は必須と判断した場合購入する方向で検討しています。

だいたい良い釣りをしたあとに専用タックルをガチガチに組んでハマったことがないタイプの人間なので、広く浅くそして競技中にだけ深く釣りを組み立てていきたいと思います。

 

これまで④の割合が多かったのは、目的をはっきりさせずになんとなくものをぶち込んでいたからだと思います。

あとはいろんなアクシデントおける対応力が身についてきてるので、用意していても案外必要なかったりするんですよね。

効率は上げすぎると汎用性や対応力が著しく低下するというデメリットがあるので、これまで通り泥臭く手間をかけながら少しずつ前進していこうと思います。

とりあえず車の中がスッキリしたので気分よく遠賀川に向かえそうです。

今日は1300文字ちょっとですがこのあたりで。