阿武川ダム仙人岩

 

9/14から阿武川ダムの「Labuフロンティア協会」にてレンタルボートが営業スタートしました。

私も9/16にレンタルボートを利用してみましたので、その内容を書いていきたいと思います。

5月の限定開放日以来の釣行ですが、今回もかなり楽しむことが出来ました。

前回釣行時の詳細はコチラの記事にて

 

阿武川ダム プレトーナメント

 

 

 

 

 

 

レンタルボートについて

 

現在はサウザー JW-11を3艇で営業とのです。

レンタルボートの内容は下記の通り

 

・種類: 免許不要艇

・総数: 5艇(現在は3艇)

・船体: アルミパントタイプ

・人数: 2名まで乗船可能

・動力: 45lbフットエレキ

・装備: バッテリー2個#1

     ライフジャケット

     魚群探知機(準備中)

・1艇1日あたりの料金: 9,000円#2
#1 持込対応の場合、▲1,500円
#2 デッキ仕様タイプは、+2,000円

 

すべて新品の状態で営業スタートとのことですので、レンタルボートにありがちな設備トラブルの心配は当面なさそうです。

湖の大きさに対して非力なスペックではありますが、魚のストック量は多いので釣りそのものはかなり楽しめた印象でした。

今後は桟橋等の施設整備を進めていくとのことでした。

 

阿武川ダムレンタルボート

 

 

 

阿武川ダムの特徴

 

阿武川ダムは水位変動のかなり大きいダムで、夏水位と冬水位の水位差は20mほどあります。

地形としては全体的に急深で、立木やインビジブルストラクチャーも豊富な印象です。

 

阿武川ダム地形

 

基本的には岩盤質のストレッチとナチュラルバンクが多いフィールドです。

岩盤は長く続くエリアが少ないので、比較的狙いが絞りやすく状況判断もしやすいかと思います。

一方ナチュラルバンクは変化に乏しく狙いが定めにくい感じです。

 

阿武川ダム地形

 

その点、下調べをしっかりしていれば他のアングラーとの差をつけることが可能です。

そして阿武川ダムの大きな特徴といえるのが、水面から少し上に生えている細枝の木々。

ダムの周囲に無数に生えているのですが、冬水位になるとすべて水面下に沈んでしまいます。

 

阿武川ダム地形

 

遠くから見ると夏と冬の水位差がわかりやすいかと思います。

少し見にくいですが、真ん中の島は水中島になるので冬水位時はねらい目になるかと思います。

その他にも冬水位時に有効になってくるカバーは多そうでしたので、今から下調べしておくとこれからの時期良い釣果が期待できるかと思います。

 

阿武川ダム地形

 

阿武川ダム地形

 

尚、10/1~3/31は阿武大橋より上流が野鳥保護区域となり航行禁止となります。

あらかじめ湖面利用規則をご確認の上、不明な点は確認して釣行してください。

 

阿武川ダム湖面利用エリア図

 

 

釣果

 

タイミング悪く関東にボートも釣具も全て置いて帰っていたため、この日は別の趣味として集めていたアメリカンタックルで釣行しました。

アメリカンタックルといっても色々あるのですが私が好きなのはログシリーズ。

 

レンジが合わなかったときのためにディープクランクを2つほど携行しました。

タックルは1セットのみです。

今回はバッテリーテストも兼ねてメインの長門筋を最上流まで流しました。

夏水位の最上流までは最短距離でも7キロほど(Google mapの直線計測)。

ダムのベンド箇所が多いので、かなり速いボートでも1時間近くかかるかと思います。

今回はざっくり釣りしながら上がって4時間ほどでした。

 

阿武川ダム上流

10/1~3/31は野鳥保護区域内になります。

 

結果的に最上流まではたどり着けませんでしたが、風もあったので115Aのボイジャーバッテリー1つでは頼りない感じでした

今回は行けなかった反対方向の佐々並筋はどこまで上がれるのか未確認ですが、同様に計測したところ最上流まで4キロ以上は走る必要があります。

阿武川ダムに遠征される際は近くに温泉バンガロー等の施設もありますので、ご宿泊での釣行がオススメです。

 

そしてこの日の釣果ですが、トータルで10本ほど釣れました。

 

阿武川バス

ファーストフィッシュは前回釣行時のアベレージとなるキロオーバー

 

8時ごろから開始1時間で3本ほどキャッチ。

ルアーはディープクランクだったのですが、すぐに2つともロストしてしまいました。

それからはログオンリーで釣りを進めていき、1時間に1~2本ペースでヒットしました。

アベレージは30~40cmとバラバラでしたが、50UPが2本混ざりました。

 

阿武川ダムビッグフィッシュ

53cmで少しやせ気味の1750g

 

久しぶりにハードプラグオンリーで楽しめたので、個人的にはとても満足のいく釣行でした。

ロッドワークの腕が鈍っていたのには少しショックでした。

シャローにはベイトも豊富でバス以外にハス(ケタバス)もたくさん釣れました。

 

阿武川ダムケタバス

定期的に船内へハスッコが入ってきます。

 

生命感豊富なフィールドですので、多くのビッグフィッシュが生息していることが予想されます。

ちなみにフロリダ系の魚体は今のところ未確認です。

今後も頻繁に釣行する予定ですのでTwitterを中心にアップしていきます。

 

 

阿武川ダムに興味のある方はよろしければフォローよろしくお願いします。

また、今月末よりTOP50桧原湖戦にむけて福島県へ行ってきます。

来季残留をかけて全力で戦って参りますので、最終戦もご声援よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

阿武川ダム プレトーナメント