今日は日本政策金融公庫さんとの創業融資に関する面談でした。

半年前に申し込みをしたときは1年目の確定申告が終わってからにしてくださいと一蹴されました。

ちょうど月商が1000万を超えて粗利益が200万くらいになってかなり勢いがあったのですが全く相手にされていないような感じでした。

今回はさすがにそんな塩対応ではなかったので少し前進したような感覚があります。

銀行の通帳と自社で管理している管理売上表を忘れないように目につくところに置いておきながらそのまま忘れるという失態は相変わらずですが、少しづつ外部との交渉の経験を積み上げていく日々です。

今日はそのほかにも運送会社さんとの送料の交渉をしたりと比較的人と話す1日でした。

あとは荷物の集荷が早くて社内はバタバタしていた印象があります。

アクシデントで優先順位がリセットされたときの優先順位については、未だに私とスタッフの中で認識に大きく差があるように感じています。

この差を出来る限り埋めたいな、と考えているのですがどのような方法でマニュアル化すべきなのか未だに上手く具現化できていません。

全体像が見えているいないの差とモチベーションの有無によるパフォーマンスの差はかなり大きいように感じています。

零細企業においてフットワークの軽さは優位一と言ってもいいほどのアドバンテージなので、組織力というのはかなり重視すべきポイントです。

今回の創業融資が上手くいったとしても経営者の私が一人走りしすぎないように、このあたりのギャップはかなり意識して今後の事業計画を考えていきたいと思っています。

それでは今日はこのあたりで。