GoogleからリリースされているPixel5というスマホを購入しました。

この端末を選んだ理由は、価格、サイズ、Googleってくらいです。

上記の3つの理由を重要度でいうなら間違えなくサイズです。

使い慣れたiphone8に近いというのが絶対条件でした。

スマホの新機種購入にあまり興味はなかったのですが、

Googleがフラッグシップモデルを7万前半でリリースして、しかも高い方のモデルの方がサイズが小さいというマーケティングが面白かったので食いついた感じです。

ですので他に端末の候補というのは特にありませんでした。

値段はアップルでいうと同サイズのiphone se2やminiよりも安く、しかも端末の選択肢が色2択のみ(容量は128GB 一択)とシンプルなラインナップとなっていました。

たしかに購入者のニーズに合わせて細かくラインナップを増やしすぎると、購入者側はめんどくさくて買う以前の選ぶこと自体を放棄しやすい傾向にあると思います。

このシンプルさは最近ホットなスマホの新料金プランにも言えます。

今日からdocomoのahamoという料金プランがスタートし、大手キャリア3社の新料金プランが出そろいました。

基本料金は今までとは全く異なって極めてシンプルな20GBプラン一択の基本料金が約3000円弱。

MNPの発行という少し面倒な手続きはありますが、通話無制限を利用するユーザーは乗り換えない手はないと言えます。

ただ、通話無制限を利用する予定のない人にとっては、まだまだ格安SIMの選択肢は捨てきれないかと思います。

個人的には仕事の都合などで通話無制限が必要なので、通話無制限と合わせた総額の料金で変わらずdocomoを選ぶ予定です。

ちなみにスマホに関しては複数台所持していて、今はほとんどが楽天モバイルとLINEモバイルを利用しています。

上記の2社はせどり事業でのコスト削減をする上でとても重宝しています。

Pixelに関しても楽天モバイルを利用していますが、今の田舎の山口でも不具合なく使えています。

何気に楽天アンリミテッド歴ももうすぐ1年になります。

ただ、通信障害などの可能性もあるので一応docomo回線とau回線は数台ずつ残すようにしています。

楽天回線はまだ不十分みたいなので、回線の入らない地域ではauの回線を借りているみたいです。

 

話は少し戻りますが、

Pixel5を購入したのにはもうひとつ意図があって、それは脱Appleを試してみようと思ったことです。

以前からGoogleとWindowsとAppleという3つのアカウントがわりとごちゃまぜになることがあって、あるときAppleのアカウントっていらなくね?と思うようになりました。

AppleのデバイスやUIはカッコよくて使いやすいのですが、GoogleやWindowsほど必須なのか?と考えるとそうでもないことに気づきました。

ひとまずMacbookをSurfaceに買い替えてみたところ思ったより全くストレスがなかったので、そのままの流れでスマホも今回脱Appleを試みてみました。

PCをWindowsに変えてからは、今までMacに非対応で使えなかったソフトや周辺機器(とくにプリンター)が使えるようになったり、エクセルやワードを直接チャットアプリから開けたり良いことづくめです。

逆に言うとMacでなければ使えないソフトやツールにはほとんど依存していなかったので、もともとそうするべきだったような気がします。

Apple製品同士の相性が良すぎるのでついついApple製品を購入しがちですが、今後はいろんなメーカーから悩むことを楽しみながら決めたいと思います。

とりあえずApple製品はリセールの高さが非常に魅力的なので、こういった乗り換えの時には非常に助かります。

こうして少しずつ身の回りの整理をしたりしています。

ただ、Surfaceをタブレットとして使うのは重くて思ったより微妙でした。

あと、まぁまぁ良い値段のするペンも思ったより出番がなくて残念です。

 

日常にある普段当たり前に使っているものを変えてみるのもなかなか面白いですね。

ちなみに食生活や生活リズムなども数か月サイクルでいろいろ試しています。

頭が休まることは仕事と釣り以外の時間でもなさそうですw

今日はこんなところで。