いよいよ七色ダムでの開幕戦が近づいてきました。

長いようであっという間に過ぎてしまったオフシーズン。

変更となった弥栄ダムは冬の間も水位不足で浮かぶことが出来なかったため、開催地の下見は遠賀川と旧吉野川のみ行いました。

 

 

 

大雨1つで変わってしまうので試合前にもう一度魚探は掛け直す予定ですが、時間のある時に少しでもイメージが掴めればと思いタックルも持たずに数日間滞在していました。

試合を出来るだけ優位に進められるように1つのカテゴリーに集中して1年間を過ごす事になりそうです。

そしてオフシーズンの恒例メニューともいえるのがボートのメンテナンスやセッティングの見直し。

 

 

 

先ずは楽しい作業からということで、なかなか試せなかったバスボートのプロペラ合わせから始めました。

シーズン中にコツコツ使えそうなプロペラを集めていましたのでひと通りテストラン。

車の運転も好きですがバスボートでのドライブはやはり私にとって格別です。

 

 

 

年一回のトレーラー車検の方も無事合格しました。

毎年の事ながらドキドキします。

バスボートの作業がひと通り片付いたところでアルミの方も思い当たったところをメンテナンスしました。

 

 

マウントの増し締めをしたところやはり少しだけ緩んでいました。

プロペラシャフトのラインの巻きつき等は特にありませんでした。

 

 

ワイヤーの状態は良好でテンションも問題なさそうでした。

ワイヤージャケットの方は裂けてきているのでいずれ流行りのアレに交換予定です。

 

2019シーズン準備

 

2019シーズン準備

 

一応ハウジング内の浸水も確認しました。

ウルトレックスは購入時からスルーボルトが緩んでいましたが、フォルトレックスの方は問題なさそうでした。

各所少しずつ異音がし始めているのが気になりますが、ひとまずグリスアップとシール交換のみで済ませました。

昨シーズンに2艇とも新調しましたが、エレキに関しては毎年何かしらのトラブルがあるのでやや不安です。

エレキとエンジンが終わったところでトレーラーも出来るところはチェックします。

 

 

 

タイヤの空気圧は良好でボルトの緩みもありませんでした。

今シーズンは1試合のみの登板予定ですが往復1000キロオーバーのトレイルに備えて足回りの整備も行いました。

 

 

 

グリスの方はかなり汚れてましたがベアリングそのものは問題なさそうでした。

こちらもグリスアップとシール交換のみの作業となりました。

バスボートの方は四輪あるのでまた後日…

ボート関係以外ではリールの方も久しぶりにメンテナンスしました。

 

 

 

毎日一台ずつコツコツ終わらせていきましたが、全てのリールをバラす事なくプリプラクティスに向かう事になりそうです。

開幕戦までにはスタメンリールだけでもなんとかコンプリートしたいと思います。

リールをバラすワクワクは今や昔となりました…

同時並行でタックルを空想上の七色仕様に総入れ替えしました。

 

 

 

事あるごとに脱線しつつ、探しものもなかなか見つからなかったため数日がかりの作業となりました。

そうこうしているうちに2019年のスターターキットも到着しました。

 

 

 

今シーズンのゼッケンナンバーはゾロ目の33番。

気づけば最高峰のカテゴリーへ挑戦するところまできていました。

ボーターとしてデビューしたのが社会人2年目、色々遠回りして6年がかりで日本一への挑戦権を獲得する事が叶いました。

まだまだ先は長いですがモチベーションはしばらく高い状態を維持出来そうです。

そして新たに地元でも高い志を持ったアングラーに出会いました。

 

 

2019シーズン準備

 

2019シーズン準備

 

今までこのような事はありませんでしたので、嬉しくなって少しばかりトレイルの準備をお手伝いさせて頂きました。

あまり他人を心配している余裕はありませんが人の役に立つというのも良いものですね。

ひと通り準備が整ったところで開幕戦に向けて七色ダムと真剣に向き合っていきたいと思います。

2019年は過去最高に面白い1年になりそうです。