{127C2A8D-2107-4494-835A-C978BB997F79}

 

前回に引き続きWJBT winter cupネタ
山口にはランチングが出来るリバーフィールドがないのでテトラや水門といった構造物は遠賀川に浮かばないと狙う機会がないのですが 、
それらを狙う上で大会中に良いなと思ったタックルについて本日は2点紹介したいと思います
オマエ釣ってねぇだろ!と言われればそれまでですがw
あくまでも使いやすかった、コレは良いって感じです
{8C020923-98AD-4E4A-B63F-566DD8DE97C4}
{0A94AAFF-7A0D-464D-B3D0-93E42B8D1385}
タックル1
ストラーダゴールドBF65LX(キラーヒート)
REVO  LTZ + KTF スプール
デッドオアアライブ 7lb(バリバス)
アバカスシャッド2.8(フラッシュユニオン)
+スルーダウンショットリーダーEXショート
+ゴブリンバットクイックチェンジャー3.5g
テトラ撃ちをメインとしていたので一番使用頻度の高かったタックル。
キモは直リグではなくスルダンEXショートを使用しているところです。
直リグ並みの垂直フォールですり抜けは抜群でありながら、リーダーがあることによってよりバスの目線に近くなり吸込みやすさもアップします。
リーダーが太くてハリもあるのでテトラでの根ズレにも強く、シンカー着底後に(リーダーがつっかえ棒になって)ワームがスライドフォールするところも良いですね
チューブラーであるストラーダゴールドBF65LXを使ったリフト&フォールもキモですね。
{8079490F-F2A2-4370-9AF9-C063A0E75F32}
{8A92FB35-AAB0-4E65-9723-80C98CB40797}

 

タックル2
ストラーダゴールドBF67MLX(キラーヒート)
SS SV 105XHL(ダイワ)
デッドオアアライブ10lb(バリバス)
フルメタルソニック5g(フラッシュユニオン)
こちらはスポット的なエリアを素早くチェックするのに使用しました。
また、テトラ撃ちでもローテーション的に混ぜてリアクションバイトを狙っていきました。
このタックルのキモはやはりフルメタルソニックを使うこと。
昨冬は入手困難になるほど爆発的に売れてましたが、今季は新たに3.5gと14gが追加されてます
驚異的なレスポンスの早さが特徴的なメタルバイブですが、フルメタルソニックの新しい特徴を今回の大会で発見しました。
その特徴とはズバリ、ストレートなフォール性能!  今更ですが…
今戦使ってみてテトラの穴撃ちのしやすさが他のメタルバイブよりも格段に高い印象を受けました。
残念ながら試合中にバイトはありませんでしたが、バイトチャンスを今まで以上に増やせる気がします。
ハリがあるのに曲げるとしなやかなストラーダゴールドBF67MLをつかうこともこの釣りのキモです。
ハイピッチなフルメタの振動数に追従出来るロッドを使うことでルアーの魅力を最大限に発揮出来ます
ただ今回、リールを急遽SS SVに変更したのはイマイチでした。
7g〜14gでは問題ないのですが、5g以下は一般的なBFスプールの方が投げやすいですね。
よろしければご参考までに